IT導入補助金2019

IT導入補助金(平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業)は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の置かれた環境から、強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくことを目的とした補助金です。
ディジットでは、経営力の強化を支援するBBA on CLOUDを、IT導入補助金の対象ツールとしてご活用いただくために導入をサポートします。安心して対象のITツールとしてご選択ください。

補助対象者(注)

中小企業・小規模事業者等(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

補助金の上限額・下限額・補助率

A類型 40万~150万円未満
B類型 150万~450万円
補助率 1/2以下

150万円を境にA類型とB類型に分類され、適用される条件が異なりますのでご注意ください。(注)

(注)詳細な対象者の定義、および類型の詳細に関しては、 『平成30年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金 交付規程 (案)』でご確認ください。

補助金の申請スケジュール

交付申請期間 交付決定日 事業実施期間 事業実績報告期間
一次公募 A類型:2019年 5月27日(月)~ 6月12日(水)<予定>
B類型:2019年 5月27日(月)~ 6月28日(金)<予定>
7月中旬
<予定>
交付決定から5ヶ月を予定 7月中旬~12月下旬
<予定>
二次公募 2019年7月中旬開始予定 9月上旬
<予定>
交付決定から5ヶ月を予定 9月上旬~1月下旬
<予定>

ルールの改変により、支援を希望する企業様にとって効果的な補助金の活用が可能になります。

  • IT導入補助金/モノづくり補助金/小規模事業者特続化補助金が一体となり実施されます。
  • 業務プロセスの改善と効率化に資するITツール限定になり、HP開設等は除外されます。
  • 補助金の申請はIT導入支援事業者が代行申請できなくなり、申請者自身のみとなります。
  • IT導入支援事業者は、補助金を受けることはできません。
  • BBA on CLOUD の導入に関わるコンサルティングについては補助の対象になります。

最新の情報・詳細は『IT導入補助金2019』のWebサイトでご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/

BBA on CLOUDのIT導入補助金のお問い合わせはこちらから

お問合せフォームのお問合せ内容にIT導入補助金の件をご記入ください。

補助金申請のステップ

ステップ1
本事業への理解
IT導入補助金2019のWebサイト(https://www.it-hojo.jp/)で公募要領を読み、補助事業について理解をします。
ステップ2
事前準備

●交付申請にあたっては、次の準備が必要です

「ITツール導入後の事業計画」
ITツール導入以降どの程度の業務効率化を図ることができるのか、経営における目標を設定し、生産性向上を実現するための事業計画を作成します。
「SECURITY ACTIONへの宣言」
IT導入補助金を申請するにあたり、SECURITY ACTIONを宣言することが必須要件となりました。申請者は「SECURITY ACTION」のホームページ上でセキュリティ対策自己宣言を行います。
ステップ3
交付申請

●IT導入支援事業者と補助金申請事業者の共同作成・提出

  1. IT導入支援事業者が『申請マイページ』の招待を送ります。
  2. 申請事業者は『申請マイページ』を受け、代表者氏名等の申請者基本情報を入力し、「経営診断ツール」の診断結果の入力や、申請に必要となる情報入力書類添付を行います。
  3. IT導入支援事業者にて、導入するITツール情報、事業計画値を入力します。
  4. 申請事業者は『申請マイページ』上で入力内容の最終確認後、申請に対する宣誓を行い事務局へ提出します。

IT導入支援事業者からの申請はできません。申請者が直接申請する必要があります。

交付決定
ステップ4
補助事業の実施

●ITツールの発注・契約・支払い

事務局から「交付決定」を受けた後に、ITツールの発注・契約・支払い等を行います。

  • 契約者と補助事業の実施者が異なることは認めていません。契約者のみがツールを使用できます。
  • BBA on CLOUDは、ディジットとの契約となります。
  • 発注、契約、支払い項目の入力に間違いがないようご注意ください。

交付決定の連絡が届く前に発注・契約・支払い等を行った場合は、補助金の交付を受けることできません。 「交付申請→交付決定→契約、導入手続き開始」の順番に注意してください。

ステップ5
事業実績報告

●実際にITツールの発注・契約、納品、支払い等を行ったことが分かる証憑を提出

  1. IT導入支援事業者が補助金申請事業者から事業実績報告に必要な情報及び証憑を取りまとめて、事業実績報告を作成します。
  2. IT導入支援事業者から、作成された事業実績報告の確認依頼が来たら、補助金申請事業者が『申請マイページ』で確認・承認します。
  3. 最終確認後、補助金申請事業者が事務局に事業実績報告を提出します。
補助金の確定
ステップ6
補助金交付手続き

●『申請マイページ』で補助額を確認

事業実績報告が完了し、補助金額が確定すると、『申請マイページ』で補助額を確認できるようになります。その内容を確認した後に補助金が交付されます。

補助金交付
ステップ7
事業実施 効果報告

●事業実施効果報告を提出

  1. 事業実施効果報告を定められた期限内に補助事業者(補助金申請事業者)が『申請マイページ』より必要な情報を入力します。
  2. IT導入支援事業者が『IT事業者ポータル』から代理提出します。

※150万円未満の申請の場合は3年、150万円以上の申請の場合は5年の計画を策定し事業実績を報告する必要があります。

2019.4.25現在

各種手引きの詳細は下記のサイトでご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/procedure/

BBA on CLOUDのIT導入補助金のお問い合わせはこちらから

お問合せフォームのお問合せ内容にIT導入補助金の件をご記入ください。

補助金対象製品 : BBA on CLOUDに基づくコンサルティング

「人」と「組織」のバランスシートの提供により、対策そのものを効率化

  • 組織のストロングポイントと、ウィークポイントを、絶対値と偏差値で明示
  • 効率的に現状を把握し、経営の効率化と経営コンセプトの明確化、次の一手に結びつけるための、客観的「数値」を提供

「BBA on CLOUD」の3つの特徴

特徴1
絶対値と偏差値で
完全に見える化
ストロングポイントとウィークポイントを、絶対値と20万人の蓄積データに基づく偏差値で完全に見える化
特徴2
相関係数と詳細な分析で
立体的に見える化
相関係数、分析単位毎の詳細な分析により、人と組織の現状を立体的に見える化
特徴3
説得力と
コストパフォーマンスの高さ
対策が明確な数値に基づくため、社内への説得力が高く、ピンポイントで実施できコストパフォーマンスが非常に高い

BBA on CLOUDの製品詳細はこちら

BBA on CLOUDのIT導入補助金のお問い合わせはこちらから

お問合せフォームのお問合せ内容にIT導入補助金の件をご記入ください。