DIGIT通信journal

DiGiT通信Vol.48 -ラグビーに見る組織力-

2019.10.02

第48回「ラグビーに見る組織力」

ラグビーワールドカップが話題になっています。対アイルランドはパブリックビューイングで見ましたが、勝利の感動に酔いしれることができ、たくさんの勇気と心強さをいただきました。

学生時代からラグビーに親しむ機会が多かったのですが、あれだけ激しくぶつかってもノーサイドの瞬間からお互いをたたえ合う。ゲームは人生を高める一時のことであり、自分を高めてくれた相手をたたえる。普遍的な精神の一つなのだと実感します。

さて、ラグビーで垣間見た「組織力」についてです。フィールドに出ている15人は、リザーブがいるから戦える。フォワードとバックスが連携して動く。その場の判断は現場で選手が決める。フォロワーシップとリーダーシップ、等々、組織力に例えられる話題が沢山あります。その中でも今回、日本対アイルランドで見えたのが、相手チームをどれだけ分析したかというニュースでした。相手チームを分析すきで、相手チームの弱点を見つけ出すという地味ですが重要な仕事が彼らを支えていました。そこには、個々の選手の能力だけでなく、誰と組むとどういう動きをするか、その結果はどうであったか、まで含めたいわゆるデータ戦が繰り広げられています。「奇跡と呼ばせない」という名アナウンスも、情緒的なことでは決してなく、分析を含めた周到な準備をしていたという言葉の裏返しだったのではないでしょうか。

他社と同じことをしていても勝てません。どんな分析をしているかを公表することもあり得ません。日本はこんな分析をしている、とアイルランドに伝えるはずがないのです。日本のあの組織力は地道な分析チームが支えていました。企業に置き換えるならば、前線に出ている社員・組織をどれだけ分析しているか、そこがまさにスタートポイントです。

強い組織を作るなら、まずは分析。ラグビーワールドカップはそんな気付きをもたらしてくれました。

執筆者:三浦才幸

>>DiGiT通信バックナンバーはこちらから https://www.digit.co.jp/info/journal


最後までお読みいただきありがとうございます。
ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織行動診断ツールをご提供しております。

 

【お問合せ先】
担当営業、または mailmag@digit.co.jpよりお問合せくださいませ。

株式会社ディジット
東京都港区西新橋2-8-4 寺尾ビル2F Tel:03-6205-7347
HP:http://www.digit.co.jp/  Facebook:https://www.facebook.com/digit.scbba/