DIGIT通信journal

DiGiT通信 Vol.5 -組織の数値化は難しくない-

2018.11.14

=== DiGiT通信 Vol.5=============================================

ディジット メールマガジン 2018年11月14日配信号

コラム『組織の数値化は難しくない 』

==========================================================

このメールマガジンは、既に当社パートナーとしてご活躍されている皆様と、
これまで当社およびグループ会社で名刺を交換させていただいた方にお送りしてい
ます。

平素は大変お世話になっております。ディジットの三浦です。

さて、今回は、組織の数値化について、お送りします。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

第5回 『組織の数値化は難しくない 』

これまで3回にわたってストレスチェックについて触れてきました。実はストレス
チェックは組織を数値化する最初の取り組みです。日本で2015年から開始されたこ
の制度は、先進国の中で最も「遅く」始まったものです。欧米をはじめとする先進
国では1980年代から90年代にかけて施行されています。

さてこのストレスチェックは会社の組織を「数値化」した初めての制度です。もち
ろん、集団分析をちゃんと実施した場合のことです。ストレスチェックの集団分析
は、組織を「数値」で「見える化」して、活性化の対策を講じることで、精神疾患
の予防を促すのにとても効果的です。言い換えると、集団分析の無いストレス
チェックは、組織を数値化していないので、組織の活性化対策にはなりえません。
集団分析は、対応される業者によって、様々な様式があると思いますが、たとえ平
均値であっても組織を数値化していることになります。よく「組織の数値化はした
ことがない」「数値化で何が見えるのか」という声を伺いますが、部門別の収益率
でも、部署別の平均年齢でもすべてが数値化されたものですから、日常的に使って
いらっしゃる方が多いはずです。

経営者目線でも同様です。必ずと言っていいほど「数値化」を意識していらっしゃ
る経営者の方が大半です。経営者目線の場合、個々の組織に加えて会社全体という
組織を担っているので、余計に意識されると思います。ストレスチェックは組織と
個々人のメンタル状況を数値化します。組織行動診断BBAは、日常の組織行動、満足
度、リスク認知とそれらの関りの強さを立体的に数値化しています。当社ではスト
レスチェックの「上位に位置する組織の数値化」と捉えていますし、そう活用され
ているお客様も多くいらっしゃいます。

「数値化」には、経営者の方や人事・総務の方が日ごろ感じていらっしゃる「組織
や部門の特性」を、より明確に共有化できるメリットがあります。先進国の取り組
みに負けない企業体質づくりに、BBA on CLOUDをお役立てください。

次回からは、BBA on CLOUDやSC on CLOUDを活用した組織活性化事例をお届けいたし
ます。

執筆者:三浦才幸

DiGiT通信バックナンバーはこちらから>>
https://www.digit.co.jp/info/journal

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織行動
診断ツールをご提供しております。

個人のストレスチェックから集団分析まで「SC on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/sc.html

「ヒト」と「組織」を可視化する組織行動診断「BBA on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/bba.html