DIGIT通信journal

DiGiT通信 Vol.34 – もう放置はできない、はず-

2019.06.19

=== DiGiT通信Vol.34===========================

ディジット メールマガジン 2019年6月19日配信号

「もう放置はできない、はず」

健康経営シリーズ【第3回】

======================================
このメールマガジンは、既に当社パートナーとしてご活躍されている皆様と、これま
で当社およびグループ会社で名刺を交換させていただいた方にお送りしています。

ディジットの三浦です。「健康経営」をテーマにした第三回目です。今回は、私、
三浦の所見を交えてお届けします。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

第34回: 健康経営シリーズ【第3回】もう放置はできない、はず

1.前回触れた、日本の1人当りGDPの水準について、お問い合わせがいくつかありまし
たので、以下にURLを記します。
https://ecodb.net/ranking/imf_ngdpdpc.html

2.健康経営のこれから
上記のURLに詳細があるので、年毎の推移は省略しますが1990年と2018年の比較
は以下の通りです。
1990年25,380ドル→2018年39,306ドル
この28年間で、日本のGDPは1.54倍になった計算になります。
一方で他国は、
米国:1990年23848ドル→2018年62606ドル 2.62倍
韓国: 1990年6516ドル→2018年31346ドル 4.81倍
中国: 1990年349ドル→2018年9608ドル 27.53倍
要は日本の1人負けです。

詳細は経済学者等に委ねますが、この間の産業構造の変化はインターネットに起
因するものが大きいと考えられます。日本はITの利活用がうまくいっていないと考
えざるを得ないのではないかと思われます。

・三浦の予測
インターネットやITが主要産業となってきたこの30年、製造業や建設業と同じ人
事政策を敷いてきたと感じています。製造業建設業の多くは、「習熟」「長期雇
用」を前提とする制度設計を行います。しかし、海外のインターネット・IT関連企
業の多くはこのような「経験」を重視するのではなく、「スキル」を中心に評価の
軸を置いているところが多々あります。それにより、あるアイデアや思い付き、
1人の天才が巨大産業や企業を作り上げる可能性を広げてきました。
いわば事業に合致した「最適化を図った」ものと言えます。
昨今の健康経営は、働き方に焦点が当たっていますが、事業に最適な環境や制度
作りがあって初めて、成功が手に入ると思います。
環境が変わったのに人事制度が従来のままでは、手間をかけて従業員にしわ寄せ
をもたらすだけになりかねません。

・経営者と担当者が鍵
従来通りの管理、従来通りの制度は、この産業構造の変化を反映していないばか
りか、従業員に大きな負荷をかけることになってしまいます。環境適応できない種
は、ガラパゴス化する。これはかつて日本が学んだことのはずです。
これを推進できるのは、経営者と人事担当者しかいないのではないでしょうか。
そしてその環境を知るためにも、調査・分析は欠かせないものです。企業を構成す
る従業員も環境もすべて違うのに、同じ制度や仕組みを導入することには、もっと
慎重になることが必要だと考えます。
自分たちは過去の20年と決別するために健康経営を活用する、そんな考えが必要
になっていると、GDPを見て思います。

執筆者:三浦才幸

DiGiT通信バックナンバーはこちらから>>
https://www.digit.co.jp/info/journal
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織行動診
断ツールをご提供しております。

個人のストレスチェックから集団分析まで「SC on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/sc.html

「ひと」と「組織」を可視化する組織行動診断「BBA on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/bba.html
======================================