DIGIT通信journal

DiGiT通信 Vol.29 -IT導入補助金の活用 対象ITツールの考え方-

2019.05.15

=== DiGiT通信Vol.29 ==========================

ディジット メールマガジン 2019年5月15日配信号

「IT導入補助金の活用 その2 – 対象ITツールの変更点」

======================================
このメールマガジンは、既に当社パートナーとしてご活躍されている皆様と、これま
で当社およびグループ会社で名刺を交換させていただいた方にお送りしています。

ディジット営業担当の土居です。前回に続きまして「平成29年度補正サービス等生産
性向上IT導入支援事業」に関してご案内させていただきます。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

第29回:「IT導入補助金の活用 対象ITツールの考え方」

今週は前回に引き続きIT導入補助金についてのお知らせをしたいと思います。

前回、2018年と2019年の採択率と補助予算違いについてお話させていただきましたが、
今回は対象ITツールについて、昨年との違いに触れたいと思います。

2019 IT導入補助金事務局より、今年の対象ITツールは昨年度と大きく異なると注意
喚起が出ています。IT導入補助金支援業者向けに5月13日付で出されました『ITツー
ル登録についての注意点』では、登録時に「機能」ベースで申請していたものが、今
回は「プロセス」ベースに変更されており、「どの部門で使用されるツールである
か」ということを念頭に置いて登録申請する様にとのことです。つまり、どの業務プ
ロセスに対して生産性が向上するのかで判断されます。言い換えると、昨年よりもよ
り具体的に使用用途を明確にし、効果を見える化することを求めているようです。

また、登録時に間違いの多いものとして挙げられている中に、昨年の登録ITツールの
データを引用して更新がないまま申請されている商品や、説明が記載されていないに
もかかわらずやたらと高額なITツールというものがあり、これらは採択されないとの
ことです。どのような申請であったのか、興味がわいてしまいます。

弊社の登録予定商品は、昨年度同様、BBA(Business behavior assessment)を予定
しております。どのような業種でもご利用いただける汎用性の高いクラウド型の分析
ツールです。また、今回は読み解きサービスを導入に付随するコンサルティングとと
らえ、登録申請をしております。保健指導のない健康診断はただの病気探しの様なも
のであるように、BBAも組織行動診断士による「読み解きサービス」があってこそ、
真価を発揮します。

ぜひ、皆様に今回の機会を好機ととらえていただき、活用のお手伝いをさせていただ
けたらと考えております。

IT導入補助金を活用したご提案をお考えの際は、ぜひ弊社にお声がけくださいますよ
う、よろしくお願いします。今回のメルマガで採択商品として弊社組織診断「BBA」
をお知らせしたかったのですが、残念ながら申請が多いのか未だに採択のお知らせが
参りません。正式な採択のお知らせが届き次第、ご案内させていただきます。

執筆者:土居俊介

DiGiT通信バックナンバーはこちらから>>
https://www.digit.co.jp/info/journal
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織行動診
断ツールをご提供しております。

個人のストレスチェックから集団分析まで「SC on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/sc.html

「ひと」と「組織」を可視化する組織行動診断「BBA on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/bba.html
======================================