DIGIT通信journal

DiGiT通信 Vol.25 -本業に直結するリスクとは-

2019.04.10

=== DiGiT通信Vol.25==================================

ディジット メールマガジン 2019年4月10日配信号

「リスクマネジメント第5弾 本業に直結するリスクとは」

===============================================
このメールマガジンは、既に当社パートナーとしてご活躍されている皆様と、これま
で当社およびグループ会社で名刺を交換させていただいた方にお送りしています。

ディジットの三浦です。通算してリスクマネジメントシリーズの第5弾です。今回を
含め、残り3回となりますので、お付き合いください。今回は、本業に直結するリス
クについてです。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

第25回:「本業に直結するリスク」

今回は本業に直結するリスクについてです。

本業に直結するリスクとしては企業(組織体)が取り扱う商品(或いはサービス)自体に
内在しているものと、商品(或いはサービス)を取り扱うことに伴って生じるものがあ
ることは前回触れました。

また、リスクとは企業(組織体)の永続を危うくするものであるとも言いました。それ
ならばリスクをなくする最も手っ取り早い方法はリスクから回避することです。

ところが問題は、企業(組織体)が本業として取り扱っている商品(或いはサービス)自
体にリスクが内在していることにあります。リスクを回避しようとすれば取り扱って
いる商品(或いはサービス)を放棄しなければなりません。そのことは同時に事業自体
を放棄することを意味します。事業の放棄はそのまま企業(組織体)の消滅になってし
まします。企業(組織体)を永続させるためには取扱う商品(或いはサービス)を放棄す
るわけにはいきません。

そこで企業(組織体)は、リスクをマネジメントしなければなりません。

企業(組織体)が本業として取り扱っている商品(或いはサービス)自体に内在している
リスクは、業態によって異なります。そのためリスクのマネジメント方法については
十二分な留意が必要です。

例えば金融業ですと本業で取り扱うのは金融商品(株式、債券、貸付債権等)と呼ばれ
るものです。これらの金融商品に内在するリスクとしては「信用リスク」、「市場リ
スク」(価格リスク、金利リスク、通貨(為替)リスク等)があります。

また、製造業等では取り扱う商品(或いはサービス)に内在しているものは「陳腐化の
リスク」です。陳腐化のリスクとは「劣化」、「鮮度喪失」、「技術の遅れ」等であ
ります。

次回は企業(組織体)の本業に直結するもう一つのリスクである、商品(或いはサービ
ス)を取り扱うことに伴って生じるリスクと、リスクマネジメントの方法について触
れることにします。

執筆者:三浦才幸

DiGiT通信バックナンバーはこちらから>>
https://www.digit.co.jp/info/journal
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織行動診
断ツールをご提供しております。

個人のストレスチェックから集団分析まで「SC on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/sc.html

「ひと」と「組織」を可視化する組織行動診断「BBA on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/bba.html
===============================================