DIGIT通信journal

DiGiT通信 Vol.21 -リスクの顕在化における客観性の重要さ-

2019.03.13

=== DiGiT通信Vol.21==================================

ディジット メールマガジン 2019年3月13日配信号

コラム「リスクの顕在化-調査をするときの留意点」

===============================================
このメールマガジンは、既に当社パートナーとしてご活躍されている皆様と、
これまで当社およびグループ会社で名刺を交換させていただいた方にお送りし
ています。

ディジットの三浦です。今回は、リスクの顕在化における客観性の重要さと
調査をするときの留意点についてです。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

第21回:コラム「リスクの顕在化-調査をするときの留意点」

見えないリスクを顕在化させることは、古くから挑戦されてきました。BBA
では「リスク認知率」として数値化しています。BBAの考え方は、「職場で見
たり聞いたりしたことがあるか」という観点です。「あなたはリスクを冒して
いますか」とは聞きません。リスクは主観ではなく客観でとらえるべき、とい
う考え方がBBAの根底にあります。主観的に「そろそろ危ないんじゃないか」
「ボツボツ壊れてしまうかも」といった根拠のない判断は、「まだ大丈夫」
「何とかなるだろう」というのと同じなので、見えないリスクをより見えなく
する可能性を抱いています。

「あなたはセクハラしたことがありますか」という質問に「はいあります」
と回答する人はまずいません。でも、「職場でセクハラを受けている人を見か
けたことがありますか」という質問だとどうでしょうか。「見た」「聞いた」
は客観的な見聞を確認しているので、回答は「客観的」なものになる確率が高
まります。同様に「職場で会社の物品を持ち帰る人を見かけたことがあります
か」とか「職場で会社を辞めたいと考えている人を見かけたことがあります
か」というような質問も同じことです。「あなたは会社の物品を持ち帰ってい
ますか」とか「あなたは会社を辞めたいと考えていますか」と聞いては、「は
い」と回答する人は極めてまれでしょう。

可視化は客観的でなければならない、そうでないと間違った判断の根拠と
なってしまい、余計にリスクが高まります。主観は回答する人によって変わっ
てしまいますし、変わってしまうと正確なデータにはなりません。職場の調査
をするときの留意点の一つです。

執筆者:三浦才幸

DiGiT通信バックナンバーはこちらから>>
https://www.digit.co.jp/info/journal
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織
行動診断ツールをご提供しております。

個人のストレスチェックから集団分析まで「SC on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/sc.html

「ひと」と「組織」を可視化する組織行動診断「BBA on CLOUD」
https://www.digit.co.jp/service/bba.html
================================================