DIGIT通信journal

DiGiT通信 Vol.18 -見える化の意義(その2)「営業力」って見えますか?-

2019.02.20

 

第18回「改めて、『見える化』 ~その2~」

「営業力」って見えますか?
よく「どうして組織診断を開発しようとしたのですか?」「組織診断に関心 を持ったのは何故ですか?」というご質問を頂きます。自分がこの事業を手掛けたのは10年以上前。その頃「組織診断」という言葉はHRの分野にはほとんどなかったと記憶しています。自分が手掛けたきっかけは、在籍していたベンチャー企業で、開発部ごとに職場の雰囲気が違ったからです。その雰囲気の違いを「見える化」できたらいいなと思ったのがきっかけです。

雰囲気はそのまま部ごとの業績に関係していました。活力のある開発部は、業績も良く、部員それぞれがとても活き活きしていました。一方であまり元気のない開発部は、業績も低迷し離職者も相次いでいました。ベンチャー企業という小さい器だからこそ、際立って目立ったのかもしれません。その違いを見える化し、組織の改善が図れれば、、、メーカーならではのアイデアがそこにはありました。幸いなことに、メーカーの人事だったころに全社アンケート、意識調査をしていましたから、なんとなくの勘どころはありました。そのベンチャー企業の本業とは違う分野だったので、そのアイデアはその後数年間お蔵入りしました。。。

その後、自分の事業として組織診断に取り組むこととなりました。世の中はその時リーマンショックの直後。資本市場が信じられない、という声まで聞こえた時でした。「見えなければ改善できない」というキャッチコピーを使ったことを覚えています。以降、「見える化」に取り組んできました。

見えないものが見えるようになる。怖いこともありますが(笑)、見えないのに良くなることは有りません。また、付加価値の源泉も見えないものにあります。「当社は営業力がある」「当社は技術力に溢れた会社だ」。その力、どうやって測っていますか?

~続く~

執筆者:三浦才幸

>>DiGiT通信バックナンバーはこちらから https://www.digit.co.jp/info/journal


最後までお読みいただきありがとうございます。
ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織行動診断ツールをご提供しております。

 

【お問合せ先】
担当営業、または mailmag@digit.co.jpよりお問合せくださいませ。

株式会社ディジット
東京都港区西新橋2-8-4 寺尾ビル2F Tel:03-6205-7347
HP:http://www.digit.co.jp/  Facebook:https://www.facebook.com/digit.scbba/