DIGIT通信journal

DiGiT通信 Vol.14 – HR Techの始まり:人事部時代の体験より-

2019.01.23

第14回「人事部時代エピソード – 自分の中でのHR Techの始まり – 」

自分はかつて某電気メーカーの人事部に在籍していました。1986年から9年間、工場人事、人事部、勤労部とちょうど3つの部署を3年ずつ経験しました。時代は円高が始まった直後で、バブル経済による採用難から円高不況へと、日本経済が変わりゆく真っただ中でした。

自分から望んで人事に配属された訳ではありませんでした。新卒社員はすべて配属面接を受けるのですが、その際にも「人事」という単語は一切出なかったと記憶しています。でも結果的には、面接いただいた人事部長の部下となっていました。

当時(今も?)、人事配属の新卒は、まず工場の人事部門を経験することとなっていました。配属発表直後に、人事部長直々に「ここにいるメンバーはまずは工場に勤務してもらう。その後3~5年で本社の人事部門(人事部、海外人事部、勤労部、総務部、厚生部、研修センター)のいずれかに異動となる」と言い渡されました。そして間髪置かずに、「工場では何にせよ目立つ存在になるので、不用意な言動は慎むように」と。

やがて横浜工場に配属となり、そのわずか1年後、今でいうリストラに直面しました。横浜の事業部機能を盛岡に移転し、移動できない社員は本社か横浜工場にわずかに残す生産ラインに従事(当時の横浜工場は、最も古い工場で、引っ越しのできない社員が多数在籍していました。元々は1工場で3000人ほど在籍していたところでしたので)するという内容です。リストラの正式発効日の4か月前に、事業部長と当時の直接の上司だった総務課長から、リストラ計画と今後の人事部門としての対応について話がされました。約400人の在籍者のうち、120人を盛岡へ、180人を本社へ、100人を生産ラインへという計画です。

直ちに全在籍者のプロフィール洗い出しが始まりました。家族構成、出身校、実家の場所等に至るまで、社員台帳を基に作成した一覧表は膨大でした。しかも、極秘裏に作成しなければならなかったその作業は、当時の管理部門に1台しかなかったPCを使うため、深夜か休日に限定して行われました。今にして思えば(マルチプランというソフトでしたが)、その会社初の人事DB的なものでした。

人事部門の努力空しく、約15人が退職となりました。しかし、そのDBが無ければ、4か月でのリストラ実行はできるはずもなくまた、退職者ももっと増えていたことは間違いありません。そのDBはその後、引っ越していく社員の引っ越し管理や、本社へ異動する社員の配属管理にも使用しました。と同時にそれは、自分の中でのHRTechの始まりでもありました。

~次回へ続く~

執筆者:三浦才幸

>>DiGiT通信バックナンバーはこちらから https://www.digit.co.jp/info/journal


最後までお読みいただきありがとうございます。
ディジットでは、企業の健康と成長を支援する、ストレスチェックおよび組織行動診断ツールをご提供しております。

 

【お問合せ先】
担当営業、または mailmag@digit.co.jpよりお問合せくださいませ。

株式会社ディジット
東京都港区西新橋2-8-4 寺尾ビル2F Tel:03-6205-7347
HP:http://www.digit.co.jp/  Facebook:https://www.facebook.com/digit.scbba/